危険な置き換え、一品抜きダイエット > 

危険な置き換え、一品抜きダイエット

 一日一食を一品に置き換えてダイエットする方法は、一見食べる量もカロリーも少なく痩せていくように思えますが、必要な栄養素が摂取できず、リバウンドがしやすく弊害が出てしまいます。  なぜリバウンドしやすくなるのでしょう。

 一品置き換えダイエットは、摂取するカロリーやエネルギーが少なく、そういう状態でも生きていけるという体になってしまうことが原因です。  ですが、今まで我慢して置き換えダイエットをしていたとしても、ご褒美などの名目で違うものを食べたいと思うようになる時があります。

 その時、体は都合よく以前の状態には戻りません。少ないカロリーでも脂肪に変えてため込む状態のままなのです。  ダイエットは何かを我慢しながら痩せることではありません。健康的な食事で、健康な体を作っていくという意味があるのです。

 ですから、栄養管理士の指導のない個人での一品ダイエットは、危険でもありますし、目標とはかけ離れた結果につながってしまいます。  また置き換えダイエットと同様、一食抜きダイエットも結果は同じです。太りやすい体を作っているといっても過言ではありません。

 朝食はもっとも日中の行動に影響が出るだけでなく、生活習慣病や肥満になりやすいというデータもあります。  昨今、炭水化物ダイエット、つまりご飯を抜くという方法が流行っていますね。この方法は成長期の子供は絶対に行ってはなりません。

 また成人の方も、極端に抜くと言うのはお勧めできません。  ごはん時、お酒の代わりに米を抜くと言うのは有効です。  ですが、ごはんを抜いておかずだけを食べると言うのは、量に満足できず、結果余計に食べてしまいます。

 結局、通常の食事の量をいきなり極端に減らすと言うことは、間食などを増やす原因になるのです。  そのような方法は、精神的苦痛でなかなか継続に至りません。しかし体は脂肪に変えてため込んでしまうという悪循環です。

 もし痩せようと思うのなら、長期的に計画を立て、全体の食事の量を少しずつ抑えるようにしましょう。  その方が精神的にも肉体的にも辛くはないはずです。  痩せるという結果が見え始めたら、ダイエットも長く続けられますし、楽しんで行うことができるはずです。

メニュー
トップページ